葉酸

厚生労働省もおすすめする葉酸のメリット

厚生労働省では妊婦さんや妊活中の女性に対して、葉酸を摂取することを推奨しています。
なぜなら葉酸が体内で不足していると、胎児に悪い影響を与えてしまうからです。

 

せっかくできた赤ちゃんに神経管閉鎖障害や無脳症といった障害が発生するリスクがあり、
健康な赤ちゃんを望めなくなってしまいます。

 

このリスクを低減するためにも普段から葉酸を摂取しておく必要があるのです。
葉酸は緑黄色野菜に含まれているため、
栄養バランスのとれた食事を摂取していれば不足することは考えにくいでしょう。

 

ただ毎日残業続きで忙しく過ごしている女性の方は、
自炊ができずに外食やファストフードなどで済ませてしまうこともあるでしょう。
不規則な食生活を続けている方や栄養状態が悪い方は葉酸が不足している可能性がありますから、
食事で十分な量が摂取できない場合はサプリメントを利用することをおすすめします。

 

葉酸サプリメントは妊活中の女性以外にも多く利用されています。
健康な体を維持するために必要な栄養でもあるため、
手軽に利用できるサプリメントで補うことを習慣にするといいでしょう。

 

葉酸を摂取することで貧血を予防したり疲労回復効果が得られるなど、さまざまなメリットがあります。

 

 

管理人の不妊治療体験記。

 

妊婦

私には一人子どもがいます。
そして二人目が欲しくて子作りを再開したのですが、
一度流産をしてしまってからは全く妊娠することができなくなってしまいました。

 

私は二回妊娠経験があるんだから、すぐにまた授かることできると思っていましたが、
そう簡単には行きませんでした。

 

私はすぐにでも子どもが欲しかったので、不妊治療を受けることにしました。
私は不妊治療を受けるときに不安でいっぱいでした。
不妊治療をしても授かれなかったらと思うと悲しいですし、
治療費もかさんでいくので経済的にもかなり不安でした。

 

夫にそのことを相談すると、私の好きなようにしていいと言ってくれました。
不妊治療をするなら全力でサポートするからという夫の言葉があり、私は不妊治療をすることに決めました。

 

私はとりあえず近場の病院で不妊外来のあるところを受診しました。
そこは総合病院で不妊治療にも力を入れていました。
不妊に関係する全ての検査をまずは受けました。

 

そうすると検査結果は異常が全くありませんでした。
私はホッとしたのですが、なんで異常もないのに妊娠できないのかと不安になりました。

 

そこから、排卵誘発剤を使いながらのタイミング法を半年やって、人工授精も6回やりました。

 

ここまで来るのに一年半かかりました。
私はなんでこんなに病院に通っていても妊娠できないのかと思って、何度も泣いた経験があります。
周りの友達は簡単に子どもを授かれるのに、なんで私は授かれないのだろうと自分を責めました。

 

それから私は体外受精を受けるために転院をしました。
私は妊娠するためにいろいろやってみようと思って、葉酸サプリやマカやビタミンEのサプリも飲んでいました。
それに鍼灸も妊活にはいいということでやていました。

 

私は体外受精して、受精卵を作るときになかなか受精卵が出来ずに、
卵子が老化していることが分かりました。

 

でも受精卵は一つできたので、それを移植しました。
私はその体外受精一回目でみごと妊娠することが出来ました。私はそのとき泣いて喜びました。

 

私は妊娠するまでに二年半かかりました。
不妊治療でかかったお金はかなりの出費になってしまいましたが、
思い切って体外受精をしてみて良かったと思いました。

 

ずっと妊娠できずに生理がきてしまったときは、そのたびに泣いていました。
不妊であることはとても辛いことだと思います。
でも諦めないで不妊治療を続けていれば、きっと授かるときは来るんだと思いました。

 

諦めないことが大切だと思いました。